top of page
​ブランディング

経験的な実感であり確かな確証はありませんが、かなりの割合でほとんどの企業がぶつかる課題と感じています。

​創業初期に当たる企業様もあれば、上場してから直面するケースもあり決まったタイミングはありません。


ブランディングは行われている方それぞれ一家言あるようなものになっています。いろいろご覧になりご依頼されるといいでしょう。

私どもではロゴなどを作ればブランディングになるわけではないと考えています。少し深いところに入っていく作業になります。ロゴ​などはブランド構築の一部と捉えています。

 

一つの方向性を定め、購入者に確かな印象を持ってもらうことが目的です。

それにより購入時の選択肢に入るよう覚えてもらう。

ロゴやウェブサイトの作り、パッケージデザインなどだけでなく、商品サービスの見直しにつながることもあります。

 

皆様が企業として大切にしていることは何かを掘り下げ、購入者との関係性を考えていきます。

本音のお話をして頂ければと思います。

かっこいい、聞き心地のいいお話である必要ありません。

 

社員、スタッフへの事業理解のために行うこともあります。

この場合はインナーブランディングとなります。

 

基本的にやることは同じ。

そもそも社内外で違うことを言っていたら「本音と建前」になってしまうことにもなりかねません。

例えばユニクロの「Life Wear」という企業スローガンを見てみましょう。

「Life Wear」日々の服とも人生の服ともとれます。

 

そこからどのような商品を提供していくのか、店づくりはどうするのかなどが設定されています。

それにより、消費者にあるイメージを踏まえた信頼を持って頂くことが第一義ではないかと考えています。

「ユニクロの服といえばこんな感じ」「サービスはこんな感じ」といった認識を貫いている串となっています。

皆さんはユニクロの服やサービスにどのような印象を持たれていますか?「LifeWear」と結びつきますか?

 

ご依頼の内容により企業スローガンもご提供いたします。

広告 宣伝 販促 企画 制作 埼玉

企業が持っている

お考えや核となるもの

​それが全てを貫く芯となる

などなど

こちらよりブランディングを提案した例

お仕事させて頂いたクライアント様からのご紹介案件。

ブランディングとしてのご依頼ではありませんでしたが、ご相談の内容から「インナーを含めたブランディングになると思います」とお話しさせて頂きました。

​最終的な制作物ではなく、こちらからみた課題の構造、その上でどのような過程を経てどこへ落とし込むかを企画書にまとめてご提出、コンペでしたが勝たせて頂き実施に至りました。

​新型コロナ禍前の仕事ですが、2024年現在もその時の方向性で事業展開されています。担当者の皆さんの多大なご協力もあり成功した事例です。

ウェブサイトリニューアルに伴う例

現在はウェブサイトリニューアル案件がとても多いです。

特に企業サイト、またはそれも兼ねるサイトの場合、企業理念などに踏み込むことがほぼとなります。

その場合も経営者様へのヒヤリングを重ね、お考えをまとめていく作業が伴います。

ここが起点となり企業様として発信していく内容などが出来ていきます。

​経営者様ご自身がさまざま気がついていかれる過程となることも多いです。

​お話を伺ってからお見積もり。

  • お話を伺う際にご予算、納期をお話し下さい。お分かりの範囲で結構です。

  • ウェブバナーや新聞雑誌広告、ポスター掲出やチラシ折込など広告媒体を使う場合、別途広告枠料金が発生致します。

  • 内訳はお見積もり内で開示致します。

  • 契約書にサイン頂きます。

  • ​前金、もしくは着手金を頂戴しております。

 

bottom of page