top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

アーティストとクリエイターの違い

更新日:2022年11月3日







昨夜日本橋でイベントレセプションに参加してきました。

日本橋アナーキー文化センターvol2です。

これは気鋭の各ジャンルのアーティストに声をかけ作品を展示したりするイベント。


タイトルからお分かりのようにvol1がありまして、今回は第二弾。

僕は事務局の方と知遇がありましてご招待を頂きました。



何人か参加アーティストの方ともお話しさせて頂いたのですが、そのお一人ノセレーナさんのお言葉が印象に残っています。


「アーティストとクリエイターというのは違うんですよね」

なるほど!と思いまして(笑)


平たくいうと

お金のことはひとまず置いて、作りたいものがあるのがアーティスト。自己表現です。

お題をどう料理するかを考えるのがクリエイター。商業表現になります。



僕はこのイベントで展示されているようなアーティスティックなものを自分が作れるとも作りたいとも思っていません。


商業表現が面白いなと思っているのを自覚しています。

なのでクリエイターなのでしょう。クリエイターという言葉も大袈裟な印象ですけど。


一方で浅井健一さんの歌詞がすごく好きですし、アーティスティックなものも好きなのだと思います。ご存じない方は聴いてみて(笑)


どっちが上だ下だという話ではありません。そこは誤解なきよう。



僕の実感だとこの二つははっきり違います。

もしアート的な活動をされて今一つだなと思われる方、クリエイティブ的な仕事をされていて面白くないなと思われる方は逆をチャレンジしてみて下さい。


僕も脚本家の学校に通ったことがあるのですが、まるっきりダメでした。

一番の要因は「書きたいものがない」


恋愛ものやってみたいんだとか、こんなアクション映画作ってみたいといったことがまったく自分になかった。


それじゃ書けないですよね(笑)

見て好きなのと作るのが面白いと思うのは別なんだと知った。


広告については、最初の代理店に入ったばかりのときに仲畑貴志さんの本を読んで、コピーライターってこういうことやってんだ、面白いなと思っていました。正直ピンとは来ていました。


両方される方もいらっしゃいますが、おそらく違いについてはおわかりになられていると思います。



日本橋アナーキー文化センター


ノセレーナさんのインスタ

Comments


bottom of page