top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

佐藤さんも、困る。


佐藤可士和さんはアートディレクターですね。

彼の仕事に対する考え方や、進め方が好きです。

この二冊は自分にとって大切な本です。

仕事していると、あの本のあのページ見てみよう、と急に思い出すことがあって。

昨日佐藤さんの本を読み返していた。

気がついたのは、

「これははたと困りました」とか「どうしていいものか頭を抱えました」

というような記述が多いこと。

佐藤さんでもそう思うんだ、と。前から読んでいるのにまったく気がつかなかった。

ちょっと気がラクになりました(笑)

佐藤さんのように、正直にいえる方が仕事人として素敵だなと思う。

今は広告営業時代に比べると、ご依頼の幅がまったく違っています。

思っていた以上に広いです。

「◯◯社の広告営業」という肩書きだとその会社の色がついてますし、営業っていってるし。

今はそうではないですからね。だからそこに気がついたのだと思います。

でもそれは望んでいたことなので、受けて立つのでございます(^ ^)

「はたと困っている」こと多いです


けどね(笑)


bottom of page