top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

やっぱり気持ちだと思います。


これらの雑誌は今やっている仕事のための資料です。

僕は比較的ファッション誌買うタイプでした。服が好きなので。

でもこの辺りは買っていませんね。自分の嗜好と少し違うので。

代理店時代も広告媒体として見ている感じでした。

でも今回読んでいて思ったのですが、なんだろう、作り手の楽しんでもらおうという気概を感じた。

確かに、これらの雑誌は服などモノを売るものです。

だからスポンサーは広告も出すし、記事に協力もする。

マーケティング的な読者セグメントもするし、戦略も立ててるでしょう。

でもそれだけではなくて。

製品紹介記事ひとつとってもでも楽しんでもらいたい。

そういうことを考えているように感じました。

まあ、あくまで僕の印象ですけどねw

書く側になったからだと思います。

前に小藪千豊さんが、美魔女とかそういう人を持ち上げるメディアにキレてましてw

それはそれでありだと思いますけどねw アンチも楽しみ方ですしw



bottom of page