top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

名刺カウンセリングさせていただきました。


先日、個人事業主の方のお名刺のご相談をお受けしました。

ご自身で作られるとのことで、アドバイスだけ欲しいというお話。

試しに付箋を使ったメゾットを行ってみました。

付箋にご自身のお仕事に対するキーワードを書き出して頂きます。

キーワードは、商品についてでも、仕事に対する思いでもイメージでも懸念でもなんでも可。

制限はしません。

それを元に名刺になにを載せるかを決めていきます。

名刺についてのご依頼ではありますが、実はこれをきっかけにご自身の事業についても掘り下げてほしいなという考えがありまして、付箋メゾットを使うことにしました。

ブランディングにも少し踏み込む、ということですね。

概ね喜んで頂きまして良かったです。

ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、やっていることはブレーンストーミングです。

ブレーンストーミングについては改めてお話ししたいと思います。

付箋メゾットについては「ECサイト×ブランディング」株式会社フラクタ著/宣伝会議刊

に詳しいです。

ご興味ある方はご一読を。

・ ・ ・

以前広告カウンセリングを行った際にも感じたのですが、

なにかしらのきっかけを見つけたとき、クライアントさまの目がキラッとする。

僕らは希望を与える仕事なんだと思う瞬間ですね。

また今回は作業自体も楽しんで頂けた感もありまして。

それによってご自身の事業に対してのモチベーションは高まると思うのです。

そのほうが仕事に勢いが出ると思うんですよね。 そういう人に仕事お願いしたいんじゃないかなと思いまして、やっぱ人の気持ちとして(笑)

そんなことが結構大事じゃないかなと思います。



bottom of page