top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

SNS広告ではいろいろ試しています。


ご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、Facebookを使って自社の広告を流しています。

詳細はここでお話しませんが、結果はまずまずというところですね。

ですが自分の予想は上回っています。

Facebook広告を始めたきっかけはもちろん自社への集客なのですが、いろいろ実験をしようと思いまして。

SNS広告でよく聞かれるノウハウを踏まえた上で、意図的にそれを無視したりもしています。

Facebook広告について自分なりの仮説もありましたので。

・ ・ ・

例えば、キャッチコピー展開にしてみる。

SNSだけでなく一般的にウェブ広告でキャッチコピー使っているものはあまり見かけません。

必要ないという意見も聞きますが、単に書ける人がいないからというのも考えられる。

ということは書ける自分にはそこがアドバンテージとなる。

かなり前なのですが、バナー広告でCMの手法を使ったところある程度効果があったので、というのもあります。

また、よく画像には人が入っているものを、などといわれます。

それは視認性が高まるから。人の顔は無意識に捉えやすいんです。

カメラだって顔認識するのですから(笑)

けれどもわざとそれをしない。キャッチコピーや説明と合わせて成立するものを選ぶ。

ほんとに顔がないとダメか?という疑問もあるので。

画像は極力Facebookが用意している無料素材を使う、加工もしない、などなど。

お金と手間をかけずどれだけできるのか。

もちろん、なにがなんでもキャッチコピー、なにがなんでも顔は入れない、加工はしないということではありません。

セオリーを鵜呑みにしないで、いろいろ試しているということです。

クライアント様の広告ではリスクを感じることも、自分の広告でならできる。

それらから得られた結果をクライアント様へ還元もしたいので。

・ ・ ・

「教科書の逆をやろう」

スイス時計業界で名を馳せた経営者、ジャン・クロード・ビバー氏の著書にあった言葉です。

僕はこういうのが大好き(笑)

そのほうが楽しい(笑)そして重要だと思うのです。

実は広告を継続的に行っていると、Facebookから電話による無料カウンセリングが受けられるようになります。

そこで頂いたアドバイスと自分の仮説を組み合わせています。

ノウハウに踊らず、否定もせず、できるだけ本質を見極めたい。

もちろん、この先は他のSNSを使うことも考えています。

もしご覧になれましたら、こうやってるんだ、なにを試してるんだろう?などとも思いを馳せながらご覧くださいませ(笑)

ご質問も可でございます。



bottom of page