top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

予告編の工夫

更新日:2023年3月13日



これブルース・リーのドキュメンタリーです。

アメリカのHBOで放送されたもの。

多くの著名人がいかに自分がブルース・リー好きかを語るだけという内容らしいです。


この動画は予告編。

これ日本語字幕ないのでわからないのですが、実は出演者のコメントとブルース・リーのカットを上手く組み合わせている。


例えば、30秒あたりで格闘家の方がキックを放ったらブルース・リーが返すようなカット割りになっていたり。


38秒あたり、コービー・ブライアントさんのコメント、たしかこれ「とにかくかっこいいんだよ」みたいなことをいってるんですけど、そのあとブルース・リーの笑顔のカットを繋ぐ。


1分あたり、出演者が「BAM!」というのに合わせて、ブルース・リーの蹴りがさく裂するとか。ちょっと聞こえにくいけどね。


最後はブラック・アイド・ピーズの方なんですけど、これも「彼はいつも俺の中にいるんだ」みたいなこというんですけど、そのあと「Baby here I am」俺はここにいるぜ、とブルースがいって締める。


という感じでただ出演者とブルース・リーのアーカイブ映像を並べるのではなく、ちょっとした工夫をしてるんですよ。


映画や漫画などでは古くからある手法で特別目新しいわけじゃないんですけどね。


舞い戻って、冒頭10秒あたりでブルース・リーのアクションシーンが繋いでありますけど、パンチやキックのテンポをすべて合わせてあって小気味いいリズムをここで設定してます。



映画のシーンを繋ぐだけの予告編でも「ちょっと工夫でこの美味さ(古っ!w)」的なところがすごくいいなと思い繰り返し見た動画でした。


前は日本語訳入った動画があったんですけど見当たらないですね。なのでここで書いた訳はうる覚えなので悪しからずm(__)m

Commentaires


bottom of page