top of page
検索
  • 執筆者の写真SHIGERU MAKINO

広告されないものは、ないものと同じ。


これ広告業界の格言です。

たしかデビッド・オグルビィの言葉だと思う。

知らないの商品を欲しいと思うことはないですよね。だって知らないんだから。

クラウンという車を知らない人が、クラウン欲しいなと思うことはない。

端的に、いい商品があっても、知られていなければ買うことができないということです。

ー ー ー ー ー

実はこれ、結構多くて。

僕が前にお仕事させて頂いた案件で、これありました。

売れないというお話だったのですが、お伺いして商品見せていただいたところ、

すごくよくできている。競合商品の弱点もよく研究してあるし、 作り込みもいい。

何より社長様が、どういう人がどういう目的で使えるのか想定できていた。

要するにターゲットもニーズもすべてわかっていた。

もう、その時点でタイトルの言葉が頭にありました。

これは知られていないから売れないだけ。知られれば売れる。

もっと平たくいうと、ターゲットにこの商品の情報がリーチしていない。それさえすれば売れる。

もう確信してました。

クライアントさんがそこ見えていないだけだと。

ー ー ー ー ー

で、これは宣伝すれば売れますよと申し上げたのですが、予算がないと。

まあそうですよね。現状売れていないんだから。

なので、お金かけない施策を行いました。

対象となる雑誌に記事掲載お願いする。20誌以上。あと日経MJや日経産業。

で、製品リリース書きました。

送る雑誌によって、リリース内容は変えました。

その読者がどう使えるのか。どう役に立つのかを具体的に書く。それを記事タイトルですぐわかるようにした。

読者に有益な商品だということをしっかり伝える。

でないと編集の方にはねられます。そこは工夫のポイントでした。

「ご掲載いただけるなら、この部分は絶対書いてください」などと強気の注釈入れたりしてw

結果は15誌ご掲載いただきました。あと日経MJ。

特集を二度組んでくれた雑誌もありました。もちろん無料。

おまけでワールドビジネスサテライトが取材に来るというw

購入者がブログやツイッターで拡散してくれるのも多数出て。

これで月間販売個数20倍になりました。

ー ー ー ー ー 

このお仕事で僕が行ったのは、商品情報流通の最適化だけです。

もう材料はすべて揃ってたから。

この商品をどういうメッセージで、どういう経路で誰に伝えればいいか。

そこだけ。

なぜなら、知られていないから売れていないだけだから。

「広告されないものは、ないものと同じ」という格言の典型のお仕事でした。

企業や小売の皆さんも、こういうこと往々にしてあると思います。

その商品やお店の情報が、ちゃんとターゲットに届いていない。

それだけの話だったということが。

売れないなと思ったら、そこ見直されるのもいいと思います。


bottom of page